みっちゃん

中一の時の話だけど、電車通学していて勿論毎日ぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗って登下校していた。乗る駅の時点で日によっては一本ずらさなきゃいけないんで、なるべく楽なスペース探して乗り込んでいた。 ある日の帰り、車両の角に人一人入れそうなスペースが開いてるのを見付け強引に入り込むと中年リーマンが舌打ちをして後ろを向いた…『何だ?感じ悪いオヤヂだな…』と、思ったら足元にうずくまってる少女が居た…ランドセルだから小学生だろう… 「大丈夫?お腹痛いの?…あれ?みっちゃん?」 俺に名前を呼ばれた少女はビクッとして恐る恐る顔を上げた…やはり隣の家の子の美津子ちゃん(小五)だった。 見知った顔であるのに気付くとみっちゃんは抱きついて震えていた…さっきのリーマンに痴漢されてたのであろう事はすぐ分かった。 しかしリーマンは既に人波をくぐり抜け遠くに逃げてるしこの子を一人にしたくないのでみっちゃんの傍に居る事にした。 みっちゃんは大人しくておっとりしてる見た目にも痴漢の標的になりそうなフワッとした可愛い子で、しかも発育が良くて三年位からおっぱいが膨らみ始め、背はあまり伸びなかったが五年になったら大人と遜色無い大きさになっていた。何故分かるかとゆうと実は部屋も向かい合わせで窓からお互いの部屋の中が見える距離で、みっちゃんは警戒心が薄いのか、ぽややんとして気付いてないのか、よくカーテン開けっ放しで着替えていて、見ちゃいけないって分かってるけど丁度性に目覚めた頃の好奇心に負けておっぱいの成長過程を見てしまっていたからだ。 さて、みっちゃんを安心させる為に俺も抱き締めようと思ったが肩から腰までランドセルで幅とってやりにくいので必然的にお尻に手を回す事になり、みっちゃんがピクッとして上目遣いで見つめたので『みっちゃんゴメンね?あ、ほら、これならもう誰も触れないしちょっと我慢してね?』って囁いて謝ると再び俯いて俺の胸に埋まる様にギュッとしてコクンと頷いた。 しかし、初めてまともに触る異性のお尻…背徳感を感じつつ掌に伝わる柔らかさに感動を覚えていると、電車が揺れ人波の圧力で軽くよろめいた…みっちゃんはミニスカートだったので簡単に捲れ、スカートの中に手が入ってしまった! パンティがあると思ったそこはツルツルでプニっとした肌の感触で、布の感触が無い…ノーパンなのを知られたショックかみっちゃんの足が震えていた 『またゴメン!…(履いて)ないの?…(さっきのオヤヂに)とられた?』って聞いたら胸の中でコクッと小さく恥ずかしそうに頷いた。 全く手が動かせない状況で電車に揺られ、胸の中のみっちゃんの吐息と肋骨に当たるおっぱいの感触と掌の生尻の感触で否応なしにチンポが硬質化してしまう…既にみっちゃんにも知れ渡ってるだれうがどうにもできない…『ごめんねごめんね…絶対動かないから我慢してね?』と囁き謝るしかないのだが、みっちゃんの体の異変に掌が感じ取ってしまった…指を液体が通って内腿を下に滴れてくるものがあった…後で分かったのだが、みっちゃんの愛液が溢れだしていたのだ… 果てしない興奮状態で降りる駅に着き、みっちゃんと手をつないで家路を歩いた。 み「お兄ちゃん…」 「な、何?」 み「明日の朝も一緒に学校行っていいですか?」 「あ、うん、明日からはもっとちゃんと守れる様にするからね?」 み「…今日と同じ…だっこで…いいです…その、安心できるし……お兄ちゃんの手なら…恐くない、です」 「そ、そっか…みっちゃんが良いならお兄ちゃんは何でも…うん、じゃまた明日…」 み「はい、おねがいします、さようなら」 家の前に着いたので見送って居ると、みっちゃんが玄関から困った様子で戻ってきた…どうやらオバさんが留守みたいで、オジさんは海外に単身赴任中だしみっちゃんは鍵を持ってないので中に入れない…とりあえず俺の家でオバさんの帰りを待つ事にしたら、家の母親も留守で、鍵を開けて入ると靴棚に書き置きがあった…【お芝居のチケットが今日までだったので隣の奥さんと見にいってきます。みっちゃん一人だと淋しいと思うので家で一緒に留守番してね?お父さんは麻雀大会だとかで遅くなるらしいのでご飯適当に食べてね?】 「…まったく、とんだ自由な親だ…みっちゃん、そうゆう事らしいけどいいかな?」 み「(コクリ)…あの…美津が御飯作っていいですか?」 お言葉に甘えて夕飯を作って貰う事にした。冗談で『新婚夫婦みたいだね』って言ったら嬉しそうに『…はい…』って返ってきたので『じゃあちょっとだけ新婚ごっこしようか若奥様』って言ってしまったら、それにも『はい、旦那様』ってきちゃった。 とりあえず冷蔵庫の物を適当に使ってもらって、俺は部屋に制服を着替えに行った。 着替えて戻るとスカートをひらひらさせながら楽しそうに野菜を切ったりしていた…『そういや今、スカートの中はノーパン…ノーパン…ノーパン…』と頭の中で響き姿勢を低くしていた。 み「お兄ち…旦那様!お味噌どこですか?」 「は、はいゴメンナサイ…へ?味噌?」 思わずマンガみたいなリアクションとってしまった…反省しつつ台所へ 「家のは婆さんから貰った田舎味噌だから壺に…あぁ、あったよハイ…!」 俺が四つん這いのまま振り向くとみっちゃんはノーパンなのを忘れているのかしゃがんで俺の様子を見ていたのでオマンコや肛門までバッチリ見えてしまった… み「へぇ〜お兄ちゃんの家の壺に入ってるですね、パックのお味噌しか知りませんでした」 気付かずにみっちゃんは立ち上がり味噌汁を作り始めた。ドキドキしながら皿出しとか手伝い、完成した料理を並べ、食べた…みっちゃんの料理の腕はもう絶品でとても美味しかった。

更新情報

関連する本話

  • 変わってる妹…


    [ 約4108文字 ]
    続きを読む
  • モデルは小学生 その2


    [ 約2748文字 ]
    続きを読む
  • 義理の姉を犯した僕


    [ 約923文字 ]
    続きを読む
  • 精子ぶっかけ


    [ 約343文字 ]
    続きを読む
  • 延長マッサージ


    [ 約5963文字 ]
    続きを読む
  • ヤッタ熟女が・・・あの人だったとは・・・


    [ 約4802文字 ]
    続きを読む